音楽活動とどーでもいい日々のつぶやき

キースリチャーズとベンジーが大好きで、博多のロックンロールバンド”overdose”でguitar弾いてます。

自分のサウンド

f:id:URARA1123R:20160522085209j:plain

ベンジーが久々に誌面に出てた~♪
かっこいいな~。
しかも、音的なことのインタビューで
ファンとしては嬉しい限り。

ベンジーの音、カッコいいもん。

でもね、同じギター使っててなんだけど、
マネしたいとは思わない。
参考にはしたいけど。
どんなふうに、音を作るのか。

ベンジーのまんまの音。
ベンジー曰く、
当たりのテネシアンと当たりのマーシャルがいるらしい。
それだけじゃ、ベンジーの音はマネ出来んやろうけどね~。

ピッキング

これも、音づくりの中で重要な要素なんじゃないかなー。って私は思ってる。
例えベンジーに機材をそっくりそのまま借りて音を出したとしても・・・
所詮は、そのもの。の違いが大きいって思う。

私の音の好みとしては、
ベンジーみたいな低くて少し重たい感じの音だけど、overdoseのロックンロールサウンドには合わない。
overdoseでは、ミドルの聞いた、ちょっと軽めで軽快なヌケのいいサウンドが合うかなーって思ってるから。

そういう音も大好きやけどね~♪
キースリチャーズ大好きやけん。
ローリングストーンズ、やっぱり最高のロックンロールバンドやね!



とにかく、カッティングのキレも合わせてピッキングはかなり意識してます。
なかなか、出来てないけどね~。

ピッキング・・・
奥が深いね~♪

機材に頼らず?
ピッキングで自分のサウンドが確立出来るように・・・
日々、現状に満足しないで上を目指していきたいな。
満足できるようなシロモノじゃないから、積み重ねていくしかないんだけどね。



ちなみに、この記事は1週間前に書きました。
(笑)